Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yotaro.blog12.fc2.com/tb.php/14-532ae850

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スミマセン中途半端で・・・

 いろんなコト書いといて、全部が中途半端で終わってますが・・・
 今日は靖国神社参拝問題について書きたいと思います。

 先日、テレビ朝日の報道ステーションを見て感じたんですが、
 中国・韓国など参拝に対して過敏に反応する国にとって、
 靖国神社自体の存在やソコにA級戦犯がいたトコロで、
 大した問題ではないと思ってしまうのですよ。
 
 だって靖国神社の宗教上の内訳って国家神道ですよね?
 それって宗教的にはマイナーで、
 言ってしまえば、地域宗教っと言うより地域風習に近いと思うんです。

 参考になるかどうかチョット微妙ですが、
 (京極夏彦さんの本の中で書かれていた事で)
 国家神道って尊王攘夷の流れの中で作られた
 ある種の思想行動みたいなモノに、
 儒教の美味しい部分(戦時中の日本の思想に合う部分)をプラスしたような、
 独特の宗教と書かれていたと思います。
 
 戦死者を(古くは戊辰戦争の頃の官軍から数えて)御柱として
 祀っていますが、ソコにお骨などはありません。
 ないんです!お骨は!!あるのは寄付のような形で得た遺品や遺書、
 軍神として祀られている人々の写真(これも寄付されたモノのみ)程度です。
 ハッキリ言って普通なら無視してしまうような、
 他国にも存在する1地域の風習と似たようなモノだと思うのです。
 
 じゃあなぜ反応するのか?なぜ総理大臣が行くのか??
 (これからは、私の勝手な予想です)
 
 まずなぜ反応するのか?は・・・
 中国・韓国に関して言えば、戦死した人達を祀る代表的な場所がない事が、
 ネックになっているような気がします。
 特に中国、この国は歴史的に非常に特殊な状態で、
 日本との戦争~終戦を迎えてしまったので、
 祀りたくても祀れないというのが本音です。
 
 台湾の存在ですね。
 
 実際、日本と戦った軍人は、終戦前に台湾に配送した中華民国軍で、
 日本の攻勢により、兵力を減らした中華民国軍を叩いたのが、
 現在の中華人民共和国の人民解放軍になるのです。
 分かりますかね?
 戦死者を祀るって事は、台湾の存在の肯定と
 解放軍が日本の侵攻に助けられてしまったという、
 とんでもない歴史を引っ張りだされてしまうワケです。
 
 絶対マズイんですよ・・・作ったら・・・
 ですから国際裁判やA級戦犯を出して、
 靖国問題を拗れさせても本気で止めようとはしてないんです。
 当時の裁判では、すべての責任をA級戦犯に取らせて、
 個人的に多額の賠償金を払うのは不可能だから、
 永久の謝罪(永久にイチャモンをつける権利)を選んだのです。
 そこで問題を止めておく為に・・・
 
 とりあえず、今日はココ迄にします。
 なぜなら眠いので・・・ごめんなさい・・・おやすみなさい・・・・
 
 

 
 
 
 
 
 
 

 
  
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yotaro.blog12.fc2.com/tb.php/14-532ae850

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

寿屋 よたろう

  • Author:寿屋 よたろう
  • イロイロ書いてるつもりですが、音楽とスポーツとファッションが多いみたい。

アフィリエイトです。

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。