Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yotaro.blog12.fc2.com/tb.php/188-f5dbdc83

-件のトラックバック

-件のコメント

[C105]

十代のうちに友人、恋人を亡くすという経験ほど辛いことってなかったと思います。

それからペットを亡くすということがあんなに辛いことだとは思いませんでした。

親しいものの死、というのは、
誰もがいつかは経験することなのですが、
やはり、別れというのはどんな別れでも辛く悲しく寂しく、
でもそういう別れというものから、自分は成長してきたような気がするんですね。

別れというと疎遠になったのもあり、
いさかいもあり、死別もあるわけですが、
もう再会が望めないという意味では、
その別れの辛さが時間の流れに受け入れられること、
それを待つしかないのではないかと、
私もいくつかの悲しい別れを経験して思えるようになりました。

待つことも生きることだから。
  • 2006-01-31
  • Etsuko
  • URL
  • 編集

[C106] 最初と最後・・・

始まりは終わりの始まり・・・

結局、死ぬ為に生きてくのか?
なんて考えがちだったんですけどね、以前は・・・

でも、彼がいなくなった時、
少しだけ角度が付いたんですよ、考え方の方向に。

多分、5度とか・・・もしかしたら3度かも?

しばらく進んでるうちに、
最初に落としてたエリアとは随分違うところに、
自分の考えを落とすようになりました。
 
別れる為に出会う、死ぬ為に生きる、失恋する為に恋をする?
なんでも最初と最後の部分には、
強いエネルギーがあるんじゃないかと思ったりします。

何だか分らないけど強い力、運命とか宿命とか因果とか・・・
その力の影響を受けて、気づかないうちに人間は成長する。

出会いと別れが喜怒哀楽に満ちているのは、
人間がそれを本能的に大事だって、
分ってるからかもしれないですね・・・

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

お墓参りをしてきました・・・

 日曜日に、友人のお墓参りに行ってきました。
 自分の中で一年に一回の死と向き合う日です。

 今年は、友人のお宅には行くコトができず、
 とりあえず、一人で花を持て出かけてきました。

 人は必ず死ぬんです・・・

 口で言うのは簡単なんですがね・・・なかなか実感というモノはありません。
 っというより、人間が一度しか経験できないコトで、
 しかもそれ以後の記憶は無くなるわけですから、
 誰にも実感が湧かないコトなんですけどね・・・

 かなり早いうちに連絡を受けた人間だったので、
 式も係として参加したり、同級生に連絡を回したりと、
 二十歳そこそこでよく動いてたなぁ・・・なんて思い出す事があります。
 
 何がそうさせたのか分りませんが、
 何となくそういう雰囲気だったんでしょう。

 彼は19歳でとまっています。

 私はどんどん歳をとっていきます。

 生きてる意味とか、なんで死ぬとか、神様はいるとか、
 生きる為に必要なモノとか、死んだ後どうなるとか、宗教とは何かとか・・・
 もしかしたら、けっこう小さな事かもしれないですね。

 だって、生きてるわけですから。
 それ以上でもそれ以下でもないんですよ。

 どこで誰が死んでも、一人の死であってそれ以上でもそれ以下でもない。
 こんな事を考えると不謹慎に感じてしまいますが、
 でも、それが平等ってコトなんじゃないかと思います。

 生まれて死ぬのは、誰も選べないってコトは平等。
 その間に起こるコトは人間が決めた価値観で計ってるから、
 そこに平等は存在しないんです。
 若くして死のうと、歳をとって死のうと、病気で死のうと、殺されようと・・・
 それは人間の目から見て幸せそうだったり、
 そうじゃなかったりするだけなんじゃないか?
 
 もっと最初と終わりを大切にするのが、
 人間の生き方なのかなぁ・・・などと勝手に考えています。 
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yotaro.blog12.fc2.com/tb.php/188-f5dbdc83

0件のトラックバック

2件のコメント

[C105]

十代のうちに友人、恋人を亡くすという経験ほど辛いことってなかったと思います。

それからペットを亡くすということがあんなに辛いことだとは思いませんでした。

親しいものの死、というのは、
誰もがいつかは経験することなのですが、
やはり、別れというのはどんな別れでも辛く悲しく寂しく、
でもそういう別れというものから、自分は成長してきたような気がするんですね。

別れというと疎遠になったのもあり、
いさかいもあり、死別もあるわけですが、
もう再会が望めないという意味では、
その別れの辛さが時間の流れに受け入れられること、
それを待つしかないのではないかと、
私もいくつかの悲しい別れを経験して思えるようになりました。

待つことも生きることだから。
  • 2006-01-31
  • Etsuko
  • URL
  • 編集

[C106] 最初と最後・・・

始まりは終わりの始まり・・・

結局、死ぬ為に生きてくのか?
なんて考えがちだったんですけどね、以前は・・・

でも、彼がいなくなった時、
少しだけ角度が付いたんですよ、考え方の方向に。

多分、5度とか・・・もしかしたら3度かも?

しばらく進んでるうちに、
最初に落としてたエリアとは随分違うところに、
自分の考えを落とすようになりました。
 
別れる為に出会う、死ぬ為に生きる、失恋する為に恋をする?
なんでも最初と最後の部分には、
強いエネルギーがあるんじゃないかと思ったりします。

何だか分らないけど強い力、運命とか宿命とか因果とか・・・
その力の影響を受けて、気づかないうちに人間は成長する。

出会いと別れが喜怒哀楽に満ちているのは、
人間がそれを本能的に大事だって、
分ってるからかもしれないですね・・・

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

寿屋 よたろう

  • Author:寿屋 よたろう
  • イロイロ書いてるつもりですが、音楽とスポーツとファッションが多いみたい。

アフィリエイトです。

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。