Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yotaro.blog12.fc2.com/tb.php/40-953f15b5

-件のトラックバック

[T5] 姑穫鳥の夏

(はじめに断わります。酷評、観観賞の人、読むべからず)   これ映画?むしろ舞台のような印象を持ったので。いや、だって照明浮きすぎだっしょ、此れ。散らせ、散らせ! ぼかしなされや。というのも、そこは #00 入れてぼかしませんか?眩暈坂

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

素人的映画批評で申し訳ないです・・・

 たった今、レイトショーを観て帰ってきました。
 『 姑獲鳥の夏 』
 先に言っておきますが、京極夏彦氏のこのシリーズは大ファンです。
 なので、内容がある程度分かっている状態での鑑賞ですから、
 初見の方達よりも、目線が偏ると思います。
 
 さっそく総合評価なんです・・・65点ですかね・・・
 ハッキリ言ってしまいますと、
 好きな方以外は観ない方が良い代物です。
 京極夏彦氏が好きな方・無条件に映画が好きな方・邦画俳優が好きな方など、
 とりあえず、何らかの琴線に触れるモノがある人のみ、
 観た方が良い映画ですね。

 ココからは言いたい放題なコトを言いますんで、
 不快に思われる方は読まないで下さい。


 まず、一番超えなければいけない壁を超えられなかったのが、
 この作品の完成度に現れてしまってるんじゃないでしょうか?
 「時間の壁」ですね。
 原作が1ページに2段の行がある超大容量小説の為、
 この作品の映画化に一番必要になるのは”時間”。
 2時間13分ではチョット難しいですね・・・内容が希薄になってしまいます。
 登場人物がいちいちキャラ立ちしているので、
 どうしても人物紹介・関係の説明などのカットを入れないといけなくなり、
 それが挟み込まれるたびに、ストーリーの展開や映画の全体的な雰囲気が、
 徐々にズレてしまったような気がします。

 また「何系の映画?」と問われると、
 なんと答えるべきか困る映画になってしまってるんですよね。
 サスペンスとホラーの両方を入れてあるんですが、
 どちらもの要素も中途半端に入っているんで、
 怖いと感じないし、謎解きに没頭できるほどの内容でもない・・・
 監督・演出ともにどういった方向性を持ってやったのか、
 チョット気になります。
 
 さらに、お金の使い方が微妙です。
 あれだけの邦画俳優を揃えるのにいくらかかるんでしょうか?
 しかもかなりの大御所と呼ぶべき俳優が多数出演・・・
 全員のスケジュール調整だけでも時間が足りなくなるのは明白。
 限られ過ぎた時間の中で撮った映画というのが、
 俳優の演技にも反映されていて、
 台詞と台詞のあいだに間がなく、なんとなくいそいそした雰囲気を煽ってしまう。
 『 プレッシャーが掛かり過ぎるキャストと原作・・・ 』
 ならばいっそ、片方のキャストを削ってでも、
 時間と映像にお金を使うべきじゃないか・・・
 放映時間の延長や、所々で挿んだ姑獲鳥のカットに
 もっともっとお金を使うべきじゃないか・・・なんて感じました。
 
 俳優陣は流石ですね。
 私的には田中麗奈さんはかなりハマっていたように思います。
 堤真一さんの京極堂も、もう一回やったらもっと格好良くやってくれそう。
 阿部寛さんの榎之津は、最初にちょっと違和感がありましたが、
 逆にその違った面が面白かったです。
 いしだあゆみさんが一番好演に感じましたね。非常に雰囲気のある
 ”伝わる演技”だったように感じます。
 原田知世さんは、綺麗さや可愛さの方が全面に出てしまって、
 久遠寺姉妹としての”危うさ”や”艶っぽさ”が薄れてしまったかな・・・
 でも本当に綺麗でさわやかな俳優さんなんだなっと感じました。
 ビックリしたのが御婦人二人、篠原涼子さんと清水美砂さん。
 登場シーンは少なかったものの、
 とっても綺麗に演じられていて素敵でした。
 キツかったのは永瀬さんと宮博さんですね。
 何より貰った役が難しい・・・関口巽と木場修太郎ですからね。
 永瀬さんは、とりあえず格好良すぎちゃってました。
 どうしても演技の端々にハードボイルドっぽさが滲み出てしまって、
 関口のウジウジした雰囲気がなかなか見えてこなかったように思います。
 宮博さんは、渡された役に合ってないです。
 体つきや迫力がチョット追いついてないので、
 頑張ってもチンピラっぽくなるのが精一杯ってとこでしょうか・・・
 宮博さんを選んだ人間のミスですね。
 
 最後に、京極夏彦さんが若干太ってたのがショック。
 終盤のシーンで、紙芝居を観ながら苦笑い(?)する場面があるのですが、
 あの笑いがこの作品を総合的に表していると思います。
 
 
 
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yotaro.blog12.fc2.com/tb.php/40-953f15b5

1件のトラックバック

[T5] 姑穫鳥の夏

(はじめに断わります。酷評、観観賞の人、読むべからず)   これ映画?むしろ舞台のような印象を持ったので。いや、だって照明浮きすぎだっしょ、此れ。散らせ、散らせ! ぼかしなされや。というのも、そこは #00 入れてぼかしませんか?眩暈坂

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

寿屋 よたろう

  • Author:寿屋 よたろう
  • イロイロ書いてるつもりですが、音楽とスポーツとファッションが多いみたい。

アフィリエイトです。

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。