Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯で忙しすぎる日々・・・

 書く暇がなかったんです・・・嘘です。

 モノ凄い久しぶりに更新します。
 仕事とW杯の往復で、かなり疲弊していますが、
 日本が予選落ちしたというコトで、1回まとめておこうと思います。

 とりあえず、私的には予想通りの結果でした。
 
 以前ブログに予選突破は難しいと載せましたが、
 今回の対戦国は予想以上に強い国ばかりでした。

 まずクロアチア。
 この国は、ヨーロッパ予選を”” 負けなし ””で通過してきています。
 こんな芸当はアジア予選も危なかった、ジーコジャパンには決してできません。

 そしてオーストラリア。
 数十年間W杯から遠ざかっていたオセアニア地区のチームですが、
 それは実力を表したデータではありません。
 今大会の地区区分では、オセアニアは0,5国の出場枠しかありません。
 南米地区予選の下位のチームとのプレーオフによって、
 出場が決まるというシステムの中で、数十年間戦ってきたわけです。
 そして今回、ウルグアイを破りその数十年の壁を乗り越えて出場。
 弱いわけがない・・・

 両国とも、世界のトップリーグで数名の選手がレギュラーとして活躍。
 クロアチアのコバチ兄弟、オーストラリアのキューウェルは、
 ウイイレで使ってる人もいるんじゃないですか?
 それくらい良い選手がいる国なんですよ。

 対する日本といえば、
 ジーコ監督の代表監督経験はゼロ。
 名将といわれるヒディングにかなうわけもなく。
 海外リーグで得点を取れないFWをレギュラーとして使い、
 フランスリーグのベストイレブンに選ばれるような選手を外し、
 直前までのコンディションなどおかまいなしに出場メンバーを固定。
 控えの出る機会が極端に少ないため、各自のモチベーションが上がらない。
 ドイツ戦にピークを持って行ってしまうという単純な調整ミスも侵し、
 チーム内もピッチ同様規律ないままW杯に入ってしまいました。

 これで勝てるわけがない・・・

 初戦の入り方からして不味かった。
 予想外の先制点ってかなり浮き足立ってしまうモノだと思うんですけど、
 その状態をひきずったまま後半に入ってしまってる。
 そうなると、疲れるのは当たり前だし、
 何かが切っ掛けでプツッと緊張の糸は切れるもんです。
 2点目が入った時に完全にキレてそのまま3-1。
 
 小野の交代はボールポジションを上げたかったんでしょうが、
 結局、自由というキーワードの為にその意図も選手に伝わらなかった。
 付け焼き刃の大黒投入では、DFが混乱するのは当たり前。
 3-1というスコアほど技術の差はないと思いますが、
 なにより監督の経験の差でしょう。
 オーストラリアは、交代選手が悉く活躍したわけですから・・・

 でも何より今回一番悲しかったのは、中田ヒデの姿ですかね。

 最後まで孤立し続けた日本のトップ選手は、
 結局チーム内でも理解されるコトなくW杯を去りました。
 その姿が、世界基準のプロサッカー選手の姿だというコトを、
 最後までチームメイトの誰も気がつかなかった。
 
 こんなに悲しい代表チームはないです。
 
 いつも試合後のインタビューには厳しいコメントを残し、
 不慣れなボランチをこなしながら、自らのコンディションも高め、
 試合中はひたすら動き続ける。
 そんな中田の姿を、同じチームの誰も理解するコトができなかった。

 ブラジル戦が終わった時、ひとりピッチで倒れた彼を慰めたのは、
 トレーナーと世界屈指のストライカー””アドリアーノ””。
 4点も決められ、実力の違いを見せつけられた相手チームの主力選手に、
 駆け寄られ慰められるほどの選手。

 それを理解できないチーム。

 決定的な世界との溝がココにあるんでしょう。

 なぜ、彼を起こしに行かないのか?なぜ彼を慰められなかったのか?
 果たして、ブラジル戦の後のピッチで、
 ピッチに倒れ込み涙を流す資格のある選手が何人いるのか?
 同じチームなのに、どうしてココまで意識が違うのか?

 日本には足りないモノが多すぎる・・・

 本当に悲しいW杯です。
 4年間でどれだけ足りないモノを見つけ、そして補えるのか?
 若手も育てられなかった今大会の代表チーム。
 課題山積の日本サッカーの未来はどうなるんだろう・・・

うわぁ・・・全然書いてねぇ・・・

 日々、W杯の優勝国予想の為、いろんなデーターと睨めっこ・・・
 っというわけで、まったく更新できません。

 友人が立てた掲示板には、
 何だかマメに書き込んでるんですが、
 自分のブログはこの通り・・・

 とりあえず、不味いので更新します。

 久しぶりになるんでゆるめなネタが良いと思いまして、
 やっぱり”” ワールドカップ ””。

 これまで私が見聞きした情報だと・・・

 スウェーデンのリュングベリ(アーセナル)が予選欠場。
 イングランドのルーニー(マンチェスターU)は何とか間に合いそう。
 アルゼンチンのメッシ(バルセロナ)は順調に回復。
 コートジボワールはどうもドログバ(チェルシー)だけではないらしい。
 フランスのピレス(アーセナル)が外れたのは、蠍座だったから。
 エリクソン監督はティオ・ウォルコット(アーセナル)のプレーを見ていないらしい。
 
 何だか噂話みたいなのしか書けてませんが、
 こういう話が出るコト自体、W杯が盛り上がってるってコトなんでしょうね。

 ちなみに、未だ優勝予想で確たる国名が挙げられません。

 とりあえず、ブラジル以外で考えてるんで、
 なかなか思い浮かばないんですが・・・やっぱりイングランド!!

 か、イタリア・オランダ・アルゼンチン、最後にスペイン!
 このどれかに勝ってもらえると、
 私的に楽しいW杯になんるんですが・・・

 この辺については、また近いうちに書きたいと思います。

ぞくぞくと…

決まってきてますねぇ~各国の代表メンバーが!!

昨日、一人でグループリーグと決勝トーナメントを見ながら
、シコシコ考えてたんですが、準決勝のカードが…

イタリア対アルゼンチン

イングランド対ブラジル

となりました。
なので、私的にはイングランドが優勝と予想してます。
ブラジルを倒せるのは、アルゼンチンかイングランドかイタリアか意外なトコロでスウェーデンじゃないかと思ってるんですが、
組み合わせから考えるに、トントン拍子で上がると、スペインとしか当たらないみたいなんですよね…
今回は、ブラジル有利な状況がイロイロちりばめられてるので、
ブラジルが優勝するのがかなり有力なのは動かないとは思ってるんですが、
あえてイングランドで行こうと思います!

優勝国予想お待ちしてます。

久しぶりに書きます!!

 最近、体の調子が悪いのと、何だかカッタルイのが重なって、
 モノ凄い勢いで更新が滞ってます。

 っというコトで、日本代表について書きます。

 むぅ~ん・・・

 ”” 松井 大輔 ””が外れたのは、個人的に非常にショック。
 彼のドリブルは、今回選ばれた5人のFWにも、7人のMFにもいないタイプ。
 そういう意味では、使い処がかなりあるように思えるんですが・・・

 ”” 巻 誠一郎 ””が選ばれたのは、非常に嬉しいですね。
 彼には今回だけでなく、次回のW杯に繋がるようなプレーを期待したいです。

 まぁ~勝手な予想として、
 1980年生まれが次回開催のW杯出場選手のリミットと考えてるんですが、
 そうなると、松井・巻・大黒・玉田・遠藤・駒野・加地 辺りかなぁ・・
 後は、今野とか石井とか前回のオリンピック組が、
 A代表として戦う事になって来るんでしょうけどね。

 それにしても、私がずぅ~っと目の敵にしている
 ”” 高原 ””が選ばれたのは、いつもながら不服です。
 
 なんだかなぁ・・・あのハッキリしなさ加減が非常にダメなんですよ。
 プレーについても言動についても。
 そういう意味からいうと”” 佐藤 寿人 ””の方が、良い選手に感じるんですよね。
 『 ココに欲しい!! 』『 ココにいる!! 』ってアピールしている分、
 何か得点に絡んできてくれるような気がするし、
 Jリーグでもそれなりに結果出してますから、
 長いスパンで考えると、彼や松井の方が監督としては魅力的だと思うんですがね・・・

 高さならば 巻、ポストプレーなら 柳沢、飛び出しなら 玉田、
 ドリブルスピードなら 大黒、シュート力なら 久保、ドリブル突破なら 松井・・・
 個々の力がハッキリしている分、自分が出て何をするか?ってのが分りやすいんで、
 2トップで組んだ時の仕事の分担がしやすく、
 結果的にお互いを生かせる動きができるように思うんですけど、
 高原君の場合、微妙に全部こなせると思っているようで、
 組んだ相手の良さを潰すコトが多いんですよ。

 事実、高原君自体が誰と組んでもやり難いと明言してますし、
 そもそも1トップでやりたいような気持ちのプレーが目立ちます。

 ここで比較として持ちだすのはどうかとも思いますが、
 ギリシャが世紀の番狂わせで優勝した欧州選手権。
 あの時、ことごとく敗退して行ったのが1トップフォーメーションのチーム。
 フランスのアンリでさえダメだった事が、
 高原にできるのか?それもブラジルとクロアチアとオーストラリア相手に??
 
 いやぁ~言わずもがなでしょ・・・

 とりあえず、私的にはクロアチアがかなり怖いんじゃないかと思います。
 オーストラリアに勝っても負けても、
 不味い方にサイコロが転んでしまうような・・・
 
 てか、早くブラジル代表メンバーが見たいですね。

とりあえず・・・

 暇です。

 何か書きましょう。

 ココのところ、リファラーの反応がジーンズに集中しています。
 以前載せたリメイクジーンズの『 グラフゼロ 』や、
 相変わらずの女性人気で絶好調の『 True Religion 』など、
 一般的な情報として、世の中に出てきているんでしょうね。

 芸能人がこぞって履いている”” Ture… ””なんかは、
 後少ししたら下火になってしまいそうで、
 何となくもったいない気がしますが、
 そうやってい良いモノを浪費して行くのが、
 現代のファッションなので、仕方が無いのかもしれません。
 (私はそういう風潮はモノ凄く嫌いですけどね)

 そんな中、今年のファッションのエッセンスとして
 『 トラディショナル 』っという言葉が出てきました。

 私、あんまり好きな方ではない・・・
 っというか、着こなせる自信が無いタイプのファッションなので、 
 なかなか気分が乗らないんですけど、世の中はそういう流れなんだそうです。
 
 実は一昨日も、フラフラと服屋さんを回ってみたんですが、
 住んでいる地域がローカルな為、まだまだトラディショナルの波は打ち寄せておらず、
 いつものように、ストリートなモノがいつものように陳列されてました。

 そもそも、フラフラと出て行った理由は、
 ”” 綺麗なシャツ ””と”” 少し細身のパンツで色は黒 ””を、
 シレッと観に行くつもりで出掛けたんです。

 ですが、帰ってくるとこんなモノを買ってきてしまう始末。
 自分の意志の弱さが露呈しています。
 
060507_1833~01.jpg

 
 うわぁ・・・ばりばりストリート・・・

 そんなワケで、今週中に久しぶりに都内を徘徊しようと考え中です。
 新宿のデパート郡とかは、
 かなり見るだけでお腹いっぱいな気分になるんですが、
 何ヶ月に一度の事ですし、
 もしかしたら二次会に参加しなければならなくなりますから、頑張らないとです。
 
 その辺で、面白い事が聞ければまた書きます。

Appendix

プロフィール

寿屋 よたろう

  • Author:寿屋 よたろう
  • イロイロ書いてるつもりですが、音楽とスポーツとファッションが多いみたい。

アフィリエイトです。

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。