Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観てきましたぁ!!『 皆に伝えよ!ソイレント・グリーンは人肉だと 』

 普通に思ったのは、
  
 ”” 演劇初体験でしたが、こういう演劇ならまた行きたい! ””

 『 ブロークバック・マウンテン 』なんかよりも、
 もっともっと深い思考の海溝に入って行けます。

 この”” ルネ・ポレシュ ””という作家の凄さというか、
 作り込みの妙というか、思考の深みというか、
 非常に感慨深い作品に仕上がっていました。

 人間は生きていく上で、
 何度も壁にぶつかっては倒れ、また起き上がり歩き出し、そしてまたぶつかる・・・ 

 それは、現実の中での困難だったり、
 誰かと誰かの間に生まれた障害だったり、
 自分の中に芽生えた問題だったり・・・

 無限に存在する障壁に、ひたすらぶつかり続けなければならない時、
 この作品が、何かの力になれるような気がしました。

 ”” 私達は、本当に縛られているかもしれない。 ””

 それに気づかなくては、この無限の障壁にぶつかり続け、
 いつか力つきる時を待つだけになってしまうんじゃないでしょうか?
 
 人間は決して弱くないから、1つや2つの壁なんて壊せるかもしれないけど、
 でも、人間自身が思ってるほど人間は強くない。
 だからこそ、『 気づき 』が必要なんじゃないか?

 こんな風に、ひたすら”” 心地よい思考のループ ””を、朝から晩まで回っています。
 
 この作品の中で、『 愛 』というモノは定義されていません。
 それをなんて定義したら良いか解らない人間達は、
 死ぬ直前まで悩み続け、叫び続けます。

 ”” アナタはおカネ ””
 ”” アナタの持っている価値は、どうして表示されてないの? ””
 ”” アナタはしょっちゅう聞いてばかり、それから?それから? ””

 あと、ちょっと長いですけど、私が聞いてて泣いちゃった言葉です。
 ”” アナタはいろんろなヤツとファックしてて戻れないって言うくせに、
  さぁこれから山へ行こうなんて言ってきたりする。どうすればそれを整理して、
  つながっている感情を持てるんだ?アナタの言うことはジョークだ。
  ぼくのつながっている世界のなかではね。このアバズレ。  ””
 
 こうやって文に起こしてみると、
 お芝居を見ていない人には意味が分からないんでしょうが、 
 一見、ワケの分からない非常識な言葉の洪水が、
 実は本当に意味のある言葉の繋がりになってたりする。

 これが、『 ルネ・ポレシュ 』の力なんでしょう。

 この作品の中に感じられるのは、
 価値観や固定観念、人としての義務感や存在価値など、
 おおよそ人間が内包するであろう感覚に対しての『 テロリズム 』。

 壊した先の世界に何かを感じ、何かを信じ、何かを求めているように感じました。

 男性は男性らしく、女性は女性らしく、
 作家は本を書き、俳優は役を演じ、ポルノ俳優はSEXをする。
 男性は女性を愛し、女性は男性を愛する。
 結婚した者は相手と生活を共にし、子供を育み、幸せな家庭を作る。

 確かに、大切なことかもしれません。

 でも、これって全て人間が勝手に決めたルールであって、
 神様が決めたルールなんかじゃない。

 男性が男性らしい仕事をしなければ、男のメンツが潰れる。  
 異性が愛し合わなければ、世を次ぐ子供が生まれない。
 子供を育てなければ、この先の人間の未来がない。

 実はとても打算的な、
 ”” こうした方が生存に有利なんじゃないか? ””
 なんて考えだけで作られた、
 価値や観念などには何の関係もないルールなんじゃないでしょうか?

 果たして人間が生存し続けるコトって意味があるんですか?
 意味があるなら、生きてる人はそれを意識しているんでしょうか?
 もし意識していないなら、それは生きる意味があるってコトなんでしょうか?

 全てをスタートに戻して考えてこそ、
 何か新しいコトが始まるのかもしれない。

 舞台が終わった後、
 声をかけられて『 解りました? 』っと聞かれました。

 「 何となく解りました。 」
 なんて答えてしまったんですが、これは間違いです。
 この場を借りて言い直させて下さい。

 ”” 理解しようと考え続けることが解っているというコト ””なんじゃないですかね?

 この作品がスタートなんじゃないですかね?
 考え続けるコトをスタートさせて、
 その先を信じ、求めるコトが全てのスタートに繋がるような、
 私はこの作品を、そんな感じに捉えました。

 本当に面白い作品です。
 キャスト・スタッフの皆さん!ごちそうさまでした!!!

『 脳内汚染 』コメントを受けまして、私的な考えなんですが・・・

 インテリジェンスさん、ガソリンストーブさんコメントありがとうございます。
 また、元学生さんにいたっては、
 私の条件まで呑んでコメントをいただきまして、
 非常に恐縮に感じています。

 コメントの状況や、リファラーの様子を見るにつけ、
 それなりの記事を挙げた方が良さそうなんで、
 今日はガッツり書きたいと思います。

 コメントを寄せていただいた方々が、
 ことごとく『 ゲーム擁護派 』と感じられる文章なので、
 如何に日本のゲーム市場が大きいかというコトが、
 心底、骨身に沁みています。

 最初にお断りしておきたいのですが、
 私は今まで、このブログに挙げた文章の内容について、
 ゲームのみをターゲットとして書いたつもりはありません。

 ゲーム・TV・マスコミなど、
 現代で生活する限り、おおよそ避けては通れないであろうメディアとの接触の中で、
 今当たり前と思われているコトが、
 ”” 果たして本当に当たり前として考えて良いのか? ””
 ・・・っという意味で、書かせていただいたつもりです。

 もちろん私はゲーム世代なんで、
 長い期間ゲームに触れてきましたし、
 一時は、ほとんどの機種を持っていた事もあります。

 そんな中で、自分自身が当時感じていなかったコトを、
 今になって考えてみると、
 
『 もしかしたら異常なんじゃないか? 』

 ・・・っと思う部分が多々あったので、
 そういったモノを実体験の例としてブログに挙げたつもりです。

 これに関して『 それはアナタの思い違いだ!! 』っと言われても困るんですよ。
 だって、今、私が感じてしまっているのですから。
 
 とりあえず、一番最初に書かせていただきますが、
 私が持っているゲームに対しての疑問は、
 ”” なぜ、ゲームの為にあれほど頑張っていたのか? ””
 ”” 私のどこに、あんなモチベーションがあるのか? ””っというコトなんです。

 当時、仕事や勉強の合間を縫い、睡眠時間を削って、
 クリアしたところで自己満足にしかならない事を、永遠に繰り返してたわけで、
 それによって得られる対価についてまでは考え至らなかったんですが、
 今考えると、その対価はそれこそ”” 自己満足 ””の中にあったわけで、
 それ意外に疑問についての適当な答えがあまり浮かびません。

 本の中では、
 各メディアによって刺激され分泌される、脳内物質の中毒状態と書いていましたが、 
 確かに、上手くなったりイベントをクリアしていくコトで、
 自分自身、快感を感じていたと思いますし、
 その他ブログや記事の中でも、脳内物質の分泌までについては肯定してるようです。

 これは、ラジオで聞いたことなんですが、
 ドーパミンの分泌過程において、
 本来この物質自体は、ある程度の苦難や努力の末に達成された物事に対して、
 報酬のようなカタチで分泌される物質だそうです。

 リンクしていただいたブログでも、
 ”” マゾ汁 ””という名前で書かれているので、
 苦しい事やツライ事をしている時やした後に、
 それを和らげるようなカタチで排出されるのが通常の分泌だと思います。

 ココで私として考えるのは、
 ゲームってそんなに苦しい事やツライ事ってありましたっけ?
 あったとして脳内物質が分泌されるほどですか?
 分泌されたとして、そういった物質が”” 簡単 ””に分泌されるって正常なんですか?
 もしそれが正常だとしても”” 分泌され続ける事 ””って通常の事なんですか?
 ・・・っと、ポコポコと疑問が浮かんできてしまいます。

 私は、中学・高校ともに運動部で、バレー部とバスケット部に入っていました。
 両方とも球技だったものですから、
 自分との戦いというよりは、他者との競い合いをしてきたといえます。

 両方ともゲームになっているくらいですから、
 上手くなれば嬉しかったし、負ければ悔しい、
 勝つ為の練習は厳しものでしたから辞める人もいました。
 体が出来上がって行く時期なので、
 練習をしなければ負けるのが当たり前、
 もっと厳しいことを言えば、
 一生懸命練習したところで、勝てないコトなんて多々ある事です。
 
 他の文章でも紹介されている通り、スポーツの中でもドーパミンは出ます。 
 
 実際、中学の時から快感や感動を感じていましたから、
 多分、私の頭の中でも出ていたはずです。
 とは言え、気持ちがハイになるコトなんて、そんなに無いんですよ。

 試合に勝てば出ますが、慣れてしまえばそのうち出なくなります。
 上手くなれば出ますが、これだって慣れてくれば当たり前になる。
 もっと大きな快感を求める為には、
 それなりの練習量とそれを行う時間、さらには続ける為の健康な体が必要です。

 もちろん、そんな代償を払ったところで、
 果たして勝てるかどうかなんて確証もないですし、
 年齢が若い分、その日の調子や試合の流れで簡単に負けてしまう。

 ココまで書けば感じていただけると思いますが、
 ゲーム数時間で得られる快感と、
 これだけの代償を払って得られる快感が、
 物質の分泌量としてそれほど大差がないとしたら、
 これって異常だと思いませんか?

 TVやゲームというモノは、
 お腹が空いてもある程度続ける事ができますし、
 食べながら長時間やり続ける方が普通だと思います。

 一方、スポーツにいたっては、
 お腹が空いてしまうと動けなくなってきますからできませんし、
 何かを食べながらやるスポーツは、私が知る限りありません。
 睡眠不足の時に、スポーツを””快感が得られるまでやる””物好きも少ないですし、
 10時間ぶっ続けでやった次の日に、
 また同じくらいの時間をやるスポーツなんてありません。
 
 だって、体が絶えられないですから。

 でも、ゲームは絶えられるんじゃないでしょうか?
 TVなら絶えられるんじゃないですか?
 だからこそあんなに頑張れるし、あんなに熱中するんじゃないでしょうか?

 著者岡田氏のゲームに対する視点自体に問題があるというご指摘もありました。
 
 もちろん私も同感なご指摘だと思います。
 ですが私としては、
 読み物を読んだ通りに理解するだけでは飽き足らず、
 さらに広げてみたり、逆に縮めてみたりするコトで、
 書いてある内容を理解するタチなので、
 あまり著者の事については興味がありません。 

 なので、本を読んだ時に感じた違和感は、頭の中に取っておいてあるつもりです。
 それを差し引いて考えても・・・という考えなんですが、
 皆さんはどう思われるでしょうか?

 上記については、主にTVとゲームについて書きましたが、
 マスコミから与えられる影響だって無視できません。

 そもそも、この論争が持ち上がったコト自体、
 マスコミの力が影響してるワケですし、
 本の紹介文などを見て、拒絶反応を起こしている方も多数いるように感じます。

 逆説的に言ってしまえば、
 過剰に褒める事で、対象物に注目を集めて売り上げを伸ばしたわけですから、
 非常に効果的な宣伝であったともいえるわけです。

 TVを観れば、高くて美味しいものを食べるコト、
 大金持ちの資産自慢とサクセスストーリー、
 何もしない評論家さん達が、ふんぞり返ってもっともらしい事を言い合う討論会、
 やらせ満載の恋愛ストーリーまで、多種多様な娯楽番組が満載です。

 『 ワァ~凄い!! 』
 『 凄い感動した! 』
 『 その通りだよなぁ~ 』
 『 この人の気持ち分かるなぁ~ 』
 『 あんなコトして良いなぁ~ 』
 ・・・っと無意識のうちに、TVの前で私達は始終心を動かし続けています。 
 
 これも、ラジオで聞いた事なんですが・・・
 昔は、人から聞く事か、自分で体験する事でしか物事を知る機会が無かったから、
 人間の脳自体も多様に動くコトや、物質を分泌するコトも少なかった。
 しかし現代では、メディアを介して感じるコトで、
 幾万人もの体験を、それこそ子供の内から得るコトができる。
 ・・・っというコトだそうです。

 続けられているのは・・・
 ゲームやTVを介して伝わってくる情報によって、
 体験した事が無くても、体験したつもりになってしまったり、
 やり方を知っているだけなのに、やれるように錯覚したりする人間が増えた。
 そして実体験した時に、
 できない事で腹を立てる人、落ち込んだりしてしまう人、
 逆に、できた事で簡単な事だと舐めてしまう人がたくさん出てきて、
 教育や仕事の中である種の障害になってしまっている。
 ・・・などと言われていたように記憶しています。

 私の仕事場で、以前、職場体験というので、
 何度か中学生が働きに来たコトがあります。
 
 年々、学生の態度が悪くなって行くので、
 最終的に店長が断るようになったんですが、
 そういった体験の中で感じたコトが、何となく一致していたので、
 こういった意見も、すんなり私の場合は飲み込んじゃいました。
 
 そろそろ終わりにしようと思うんですが、
 私としては、一から十まで「 規制しろ! 」とか、 
 「 廃止しろ! 」なんて言うつもりは毛頭ありません。
 
 でも、無制限に得られるモノであるからこそ、
 そこに何か考えを持って接して行かなきゃイケナイんじゃないか?
 ・・・っという感じに考えています。

 私の中で、
 現在の日本の状況が”” 正常ではない ””っと感じる事が多いので、
 1つの原因として、
 ”” マスコミやTV、ゲームというモノが影響しているんじゃないか? ””
 そう考えているのです。

 現在の日本の状況が、
 他の諸外国と比べて何らオカシイと思わない方は、
 まったく持って同意できないと思いますが、
 そうでない人でしたら、
 何かが心に引っ掛かってくれるように思うんですが、
 皆さんは如何でしょうか?

 私の中で考えた意見ですから、推測や想像が満載の意見です。
 もしココまでお付き合いいただけましたら、
 ご意見をいただきたいです。
 
 よろしくお願いします。

私にはチョット・・・

 いやぁ~長かったです。
 このストーリーの内容と展開で、この長さはツライと思います。
 
 原題に山の名前が入っている通り、
 大自然との絡みの中で、男性同士の友情を越えた関係を描いているんですが、
 何ぶんラブストーリーですから、かなり展開はユックリしていますし、
 さらに絵的にも見せて進めて行かなければならないので、
 仕方がないんでしょうが、とにかく長く感じます。

 『 見る人間に何かを強いる作品 』

 ・・・っと、何処かで読んだんですが、
 ある意味その通りな作品だったと思います。

 ””” まったくもって観る価値がない映画 ””ではないんですが、
 観賞後の爽快感を考えると、
 やはり『 クラッシュ 』に私の場合、軍配をあげてしまいますね。

 テーマ自体がかなり難しいモノだし、
 そこで描かなければならないコト(例えば男性同士のセックスとか)自体も、
 何となくでは受け入れられない・・・っというか、
 何となくで受け入れてしまってはいけないモノのように感じるので、
 私には、少し重い映画に感じられます。
 
 私が思ったより保守的なのかもしれないですけどね・・・

 観賞後に、普通に不思議に思ったんですが、
 
 ”” イニスはそうじゃないとしても、ジャックは完全にゲイだろ!! ””

 物語中では、
 お互いが「 オレはゲイじゃない! 」と主張し合うシーンなどもあって、
 何だか有耶無耶になってるんですが、
 最初の登場から終盤の告白にかけて、
 明らかにゲイとしての行動が目立ちすぎてて、
 何となく矛盾があるように思います。

 これは聞いた話なんで、本当かどうか分かりませんが、
 ゲイのカップルのうち、
 約30%くらいのカップルが、アナルセックスを求めるけど、
 それ以外のカップルは、セックスのその他の行為に重きを置いていて、
 必ずしも最終的な意味として、アナルセックスをするわけではないそうです。

 そう考えると、この『 ブロークバック・マウンテン 』が、
 ゲイの人達にどのようにとらえられているのか、
 私的には気になりますね。

 上っ面の知識だけで描かれてしまった映画なのか、
 それともゲイの世界をしっかりと切り取る事のできた作品なのか、
 アメリカの国内での反応なんかを見ると、
 後者のように感じ入られましたが、
 果たして・・・

 日本での動きなんかを見ると、
 何となく、

 『 ヘテロな人達が面白半分に見ている・・・ 』

 っと、私なんかは感じてしまいましたけど。
 (まぁ~私もその””面白半分な人間””になるんですがね。)

 最後に、映画館で読んだ原作者の言葉を書きたいと思います。
 一字一句あってるとは言えないんですが・・・

 「 この映画は、
   自分の性別を疑っている人間を戸惑わせる作品。
   簡単に言ってしまえば、
   イニスとジャックがこの映画を見たら、彼らはとっても戸惑うってコト。」
 
 私は観終わった後、何となくこの言葉の意味が分かったような気がしました。
 
 映画を観た人のコメントお持ちしてます!!

また傷が増えました・・・

 今日、左肘の検査に行ってきました。
 
 んで、先週手術したての傷口の抜糸が完了、
 ・・・っというコトで、やっと普通の生活に戻れそうです。

 あともう一回手術するので、
 また不健康な状態にはなるんですが、
 とりあえず、しばらくは普通の生活をして過ごせます。

 実は、後日談として聞いたんですが、
 手術中に私、人工呼吸をされていたそうです・・・
 あと、体温が下がったらしく、かなり震えてたそうなんですが・・・

 『 次の手術は大丈夫なんですかね? 』

 知り合いの医療関係者に聞いてみたんですが、
 「 そんなに心配する事ではないよ 」っとの事なんで、
 まぁ~あんまり心配しても仕方がないとは思ってるんですがね。
 もう1回ありますから、次は果たして何が起こるのやら・・・
 
 なんだか、ドタバタな感じに今年は進んで行きそうです。
 さすがに、命だけは落とさない年にしたいですね・・・

家にいるのはツライです・・・

 夜中に、
 ”” 太ったゲイの人に言い寄られ、危うく唇を奪われる ””
 ・・・っという夢から覚めて、
 「 何だかストレスがたまってるんだなぁ・・・」っと一人実感しています。

 さすがに、退院した最初の週末に遊びに出るわけも行かず、
 結局、誘われたお花見もキャンセル。
 今日は休日返上で、事務関連の仕事を家で作業中。

 『 そりゃ~変な夢も見ますわ・・・ 』

 なので、
 気分転換にブログを開けてみたんですが、
 ”” あちゃ~ ””なコメントが数件連続で入っていたようで、
 どぉ~も今日の調子はよろしくないようで・・・

 本筋がコメントに乗るのもアレなんで、
 今日はこの前買ったTシャツでもアップしようと思います。

060409_1311~01.jpg


 どこのメーカーか名前を書こうかと思ったんですが、
 文字が読みづらいので断念しました。

 とりあえず、私的に欲しかったので買ってきたんですが、
 ベタって言ったらベタなんでしょう。
 見ての通り、両方とも白地にプリントしたモノなんですが、
 片方は””イエス・キリスト””っぽいプリント、
 もう片方は””ダンシングなモジャモジャ男””のプリントです。

 どこに着て行こうか考え中なんですが、
 出かける予定が、手術の為に次々にキャンセルになっているので、
 少なくとも来週末までは、彼らの出番はないでしょう・・・

 って、書いてみても何だかモヤモヤした感じで終わりました。
 ヤッパリ怪我してるとダメですねぇ~
 気分がイマイチ盛り上がらない。

 この分だと、今日は事務仕事と洗濯で終わりそうです・・・

Appendix

プロフィール

寿屋 よたろう

  • Author:寿屋 よたろう
  • イロイロ書いてるつもりですが、音楽とスポーツとファッションが多いみたい。

アフィリエイトです。

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。